特定非営利活動法人NGO日本アフリカ国際開発
(JANIDA)

特定非営利活動法人NGO日本アフリカ国際開発(JANIDA)は、日本及びアフリカ諸国の地域社会における社会経済的問題や災害に関する問題など様々な課題を特定し、調査・分析をし、現実的な対策を打ち出して実行するためのプラットフォームとなる組織として、日本人の支援を受けたアフリカ人により2015年1月にスタートしました。 主な課題としているのは、飢餓、食糧難、気候変動、旱魃の長期化、洪水、土砂災害、地震、強風や紛争・戦争災害等の自然災害・人災です。それらの課題の中には、貧困、乏しい保健・教育状況、森林・湿原の破壊、乏しい農業生産・制度、ペストその他の病気、乏しい漁法や水質汚染その他も含みます。


目的

  • 1. 環境保全や森林農業の促進、気候変動への取り組み
  • 2. 持続可能な農業及び農業経営発展の促進
  • 3. 持続可能な漁業及び養殖業の促進
  • 4. 公衆衛生や人々の健康の促進
  • 5. 防災、災害救助、紛争防止の促進
  • 6. 学校教育、スポーツ、職業訓練及び識字プログラムの促進
  • 7. ジェンダー教育と女性や若者の社会進出の促進
  • 8. 国際協力や相互友好の促進
  • 9. 文化の促進